第5回PENALTYオーシャンカップ U-12(6年) 2位リーグ優勝!

【2009.4.11】

先週のミリオンカップの勢いをつけて臨みましたが、相変わらず、土曜日の朝の試合はエンジンがかかりません。

予選リーグ初戦はvs舟石川SSSです。
前半押し気味に試合を進めるもののなかなか得点できず、逆に後半一瞬の隙をつかれえ先制されてしまいました。
攻撃の手を緩めずに頑張っているとユウキ(加)のシュート性のセンタリングを相手DFがオウンゴールし何とか1-1で引分けです。

続く第2戦は、初めて対戦する十王SSSでしたが、少しずつ水戸のリズムが出てきてタツヒトとウキョウがゴールを決めて2-0で勝利。
勝ち点でグループ1位となり、決勝リーグの順位決定は六ツ野SSSと対戦し、これといって良い所も悪い所も見当たらない淡白な試合内容で結果は0-2で敗戦。

結局2位リーグに進出することになりました。
試合後、子供達は自主的に、今日の試合の反省と明日の決勝リーグに向けた戦略を話し合っていました。
明日の決勝リーグは期待していいかな?

【2009.4.12】

決勝リーグ会場は昨日とは打って変わってすばらしいピッチです。

昨年度中村杯県大会の決勝戦が行なわれたところで、子供達も気合十分!初戦のvs津田SSSでは開始30秒でタツヒトがドリブルで持ち込んでゴール!!
そのまま逃げ切って1-0で勝利を収めると、続く第2戦のvs中根A戦でも初戦の勢いをそのままに、タツヒトからの折り返しをシゲが冷静にゴールを決めて1-0で勝ち2戦2勝で優勝決定戦に駒を進めました。

決定戦は水戸市内のチームで毎度おなじみの緑岡SSS、今大会はとても調子が良さそうに見えます。
我がチームは、右ウイングのウキョウが津田SSS戦で膝を痛めて出場が微妙。ここはケンゴに頑張ってもらうことにしよう。
リュウセイも昨日から慣れないポジション(右サイドバック)にいるが、一戦毎に調子を上げているし、何とかなりそうな感じ。お互いに強く意識しあって試合開始です。
前半はボールをかなりの割合で支配されるも要所を押さえて0-0でした。
ハーフタイムではポジショニング等の指示のみを出して、後は子供達同士で話し合いさせて後半戦に臨みました。
後半からはウキョウも出場し一進一退の攻防が続き、ユウキ(加)のマンマークとケンゴのチェイスが効を奏し、ついにシゲがウキョウとのワンツーパスからシュートを左隅に決めて1-0。
守備陣が踏ん張り、そのまま試合終了。

2位リーグ優勝を決めました。
なお、今大会のムードメーカー賞は期待通りのチェイスをしてチームの勝利に貢献したMFケンゴが受賞しました。

今大会も先週のミリオンカップ同様に、対戦したどのチームも個々の技術は水戸を上回っていたように感じました。
組織とハートだけでは限界があります。
みんな、もっと「蹴る・止める・運ぶ」という個々の技術力を向上させようね。
そうすると、もっともっと楽しいゲームができるようになりますよ。

第5回ミリオンカップ(6年) 第3位 メダル獲得!

【2009.4.4】

好天に恵まれた第5回ミリオンカップ少年サッカー大会。

予選リーグの初戦相手は笠間SSSです。
内容はあまり芳しいものではありませんでしたが、タツヒトとユウキ(加)の得点により2-0で新6年生の公式戦スタートを白星で飾りました。

第2戦はvs浜田SSS、徐々にエンジンがかかり始めてウキョウの2得点を含み3-0で勝利。

順位決定戦では木崎SSSと対戦し、GKカズキの好守とタツヒトのFKからの得点により1-0で勝利を収め、明日の1位リーグ進出を決めました。

【2009.4.5】

同決勝リーグの第1戦の相手は、先月のハイトリーカップで優勝した中丸SSSです。
互いに譲らず、0-0のドローで勝ち点1を獲得。

続く第2戦は強豪の岩間SSS。前半早々に失点しましたが、粘り強く攻めてPKを得ると、これをヒロミが冷静に決めて前半を1-1で終了。
後半も攻め込まれる場面が多く何とか踏ん張っていたが、一寸集中が切れてCKから失点してしまい1-2で敗戦。中丸SSSとは得失点差で勝ったため我がチームが3位決定戦へと駒を進めました。

いよいよ順位決定戦。
相手は、忘れもしない3年生のオーシャンカップ3位リーグ優勝決定戦で0-5と大敗した坂本SSSです。
気合い充分で試合に臨みましたが、守備陣がロビングボール処理をもたついて悔しい失点。
しかし、間もなくCKからヒロキの起死回生ボレーシュートが決まり試合を振り出しに戻して前半終了。
後半が始まり、一進一退の攻防が続いていたが、残り時間あとわずかとなったところで、相手ペナルティーエリア近くでFKをゲット。
タツヒトが「ここしかない!」絶妙のコースに蹴り込みゴール!!
試合終了のホイッスルが鳴るまで集中を切らさず、全員の「負けたくない」気持ちが一つになった結果、劇的な逆転勝利を収めることが出来ました。

なお、今大会のチーム優秀選手賞は攻守にわたって活躍したGKカズキが受賞しました。
個人技に勝る相手には組織力で立ち向かう。
あきらめない気持ちと勇気を持って戦う事を学んだ2日間でした。
あとは個々の基礎技術力を向上させて、どんな対戦相手でもエンジョイサッカーができるようにしたいですね。