全日本少年サッカー大会 地区一次予選(6年生)

【2017.09.24】

①浜田戦

試合開始序盤から相手陣内にて押し気味に展開し幾度となくゴールを脅かしましたが得点出来ず、逆にカウンターより失点しました。しかし、後半相手ディフェンス陣を突破しドリブルにて持ち込みゴール。
同点に追いつきます。
その後もゲームを支配しますが得点を奪う事が出来ず試合終了。

②ホーリー戦

厳しい試合展開が想定された為、選手達にら開始前より、より厳しいチェック等を要求しました。
しかし、ゲーム開始早々に失点を許すと相手の勢いを防ぎ切れず連続失点を喫しました。
しかし、少ないながらカウンターよりウチのゲームを展開する事が出来、後半も失点はするも一矢報いる事が出来ました。

まとめ

初戦の浜田戦、ホーリー戦と選手がは懸命にフィールドを走りました。
特にホーリー戦、クラブチーム相手に結果としては大差で敗れはしたものの得点を奪い、また、自分達のサッカーが垣間見れた事が良い収穫となりました。
6年生の全小への道は閉ざされてはしまいましたが今後のサッカー人生において選手達にはプラスになったと思います。

トヨタカローラ新茨城カップ(6年生)

【2017.09.18】

①上中妻戦

序盤から押し気味に試合を進めるもフィニッシュまで持っていけないもどかしさがありました。
しかし、センタリングからの折り返しに弾かれるも抜け出し得点。
その後追加点を奪い前半を終えます。
後半、相手に合わせる癖があるため選手達にはより攻撃的にいくよう指導しました。
結果更に追加点を奪い勝利を得ました。

②ラソス茨城戦

初戦からよいイメージでラソス戦を迎えましたがディフェンスの寄せが甘く競り負け先制を許します。
しかしフリーキックを得てゴールを奪い同点にし前半を折り返しますが後半、PKを与え追加点。
その後、選手達に焦りが見え更に失点を許し試合終了。

③浜田戦

試合は一進一退で均衡していましたが、一瞬の油断からかスルーパスにて相手選手が反応し抜け出し失点を許してしまいます。
その後幾度かのチャンスをむかえるも生かしきれず試合終了。